pagetop

会社概要company

沿革

沿革

  • 1965年

    武村辰雄が双和電機株式会社を設立。

  • 1968年

    自動はんだ付け装置導入。
    本格的にプリント基板の量産を開始。

  • 1982年

    プリント基板自動挿入機を導入。
    京都市伏見区下鳥羽北ノ口町に新工場を竣工。

  • 1984年

    資材自動倉庫の導入。

  • 1986年

    表面実装部品自動装着ラインの導入開始。

  • 1992年

    脱フロン全自動超音波洗浄装置導入。

  • 1998年

    伏見区下鳥羽西芹川町に芹川工場竣工。
    ISO 9001:1994 JQA(JQA-2247)認証取得。

  • 2002年

    プリント基板製品の「鉛フリー化」に向けて実証実験開始。
    対策設備の導入。

  • 2004年

    ISO 14001:1996 JQA(JQA-EM3939)認証取得。

  • 2005年

    武村辰憲が代表取締役社長に就任。

  • 2006年

    医療機器製造業(医療機器一般の製造)許可取得。
    自動外観検査装置導入。

  • 2011年

    「電力の見える化」とデマンド監視システムを自社開発。
    大幅な省エネを実現

  • 2012年

    タブレット端末を利用した生産管理システムを自社開発。
    京都府より「中小企業優良企業」として表彰される。

  • 2014年

    宮下晋哉が取締役社長に就任。

  • 2015年

    より良い会社作りを目指し「双和電機向上委員会」を発足。

  • 2016年

    ISO9001/14001 2015年度版へ移行。

  • 2019年

    京都市より「真のワーク・ライフ・バランス」実現のための
    『ひと・しごと・くらし』応援企業表彰を受賞。